ペット保険って?

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

忘れもしない17年前、
とても可愛がっていた愛猫、アポちゃんが
病気で亡くなくなってしまいました・・・。
16年間、生きてくれました。

でも当時は、「ペット保険」なんてなかったんです。。。

腎臓が悪くなり、もう16歳だったから人間でいうと、80歳・・・。

高齢だから仕方なかったけれど、病院へいくたびに、
1回の注射で7,000円ほど払っていました。

通院するたびに、毎回、注射代がかかりました。

よく考えると、17年前の1回7,000円の注射代って、「高い!」

その時、「随分、お金ってかかるもんだなあ。
ちょっとこんな調子だと大変だなあ。」と
思っていた矢先・・・・。

どんどん体が衰弱してきて、食欲もなくなり、
ずっとふとんに座ったままあまり動かない状態になって、
ハァーハァーと息をしだして、緊急事態に!

急いで動物病院へ連れていったら、
すぐに酸素吸入、いろいろ手を施してもらいました。

が、しかし、

動物病院の先生から、

「残念ですが、もう多分無理です。
今夜が山場だから、ご自宅に連れて帰ってください。」と
悲しい宣告をされたんです。

心の中で悲しみを懸命にこらえて、自宅に連れ帰ってきました。
そして、ずーっと一晩中、見守り続けて、翌朝10時にとうとう息をひきとったのです。

亡くなる最後まで一緒にいられて、それは本当によかったと思います。

「一生懸命生きてくれたアポちゃん!
 長生きしてくれて、そばにいてくれて、本当にありがとう!」

きっとアポちゃんも「可愛がってくれてありがとう!」
って言ってくれてるかな。

今は、動物霊園で他のネコちゃん達と楽しく暮らしています。

愛するネコのアポちゃんが亡くなったのが、1998年。

それから12年後の
2010年3月にペットの保険会社が誕生したんですね。

「ずーっと一緒だよ!可愛いね!大好きだよ!」って言うと、
いつも「ニャー」と必ず返事をしてくれたアポちゃん。

きっと、

「もうこれ以上、自分のためにお金を使ってほしくないから。」
と思ったのかな・・・。と思うと本当に切なくなります・・・。

可愛いペットが通院が続くなら、やっぱり現実、お金がかかる。
けっこう大変です。

ペットは、今、家族同然だから、
万が一の時にペット保険に入っていたほうが安心かな。

「ペット保険」に入る、入らないは、飼い主次第で自由ですが、

通院が続くと、やっぱり医療費の出費が痛い!

人間なら普通3割負担だけど、ペットは100%自己負担になってしまうから大変!


うちのエポちゃんはこのペット保険に入っています!
ペット保険・動物保険はアイペットペット保険・動物保険はアイペット














この記事へのコメント

  • ☆D☆ママ

    こんばんはm(_ _)m
    辛い思いをされたのですね
    私も経験あります
    ずーっと忘れられないです

    ペット保険も大切ですね
    我が家のようなブリーダーは保険に入れないので残念です
    2015年03月10日 23:23